PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)とは?導入のメリット、手数料や申し込み方法について紹介!

PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)とは

PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁により設立された、PayPay株式会社が運営するスマホ決済サービスです。

PayPayに対応しているお店(加盟店)で、現金ではなくスマホのPayPayアプリで支払いができます。

お店に掲示してあるQRコードをスマホで読み取ったり、PayPayアプリに表示されるバーコードをお店で読み取ってもらい決済をするため、だれでも手軽に利用することができるのが特徴です。

PayPayは昨年から大規模なキャッシュバックキャンペーンを実施していることもあり、使えるお店も多く登録ユーザー数も増え続けています。

\公式サイトはこちら/

PayPay(ペイペイ)が使えるお店にしよう!

いま一番使われているスマホ決済サービスをお店に導入してみましょう!

PayPay(ペイペイ)なら初期導入費、決済システム利用料、入金手数料が全て無料なので費用を気にすることなくご気軽に導入できます。

PayPay(ペイペイ)の概要(ユーザースキャン方式)

サービス名PayPay
運営会社PayPay株式会社
対応QRコードPayPay / Alipay / AlipayHK / Kakao Pay
決済手数料無料
キャンペーン期間中(2021年9月まで)につき無料!
入金サイクル最短翌日または翌々営業日
入金手数料無料
初期費用無料
運用費用無料

決済手数料と入金(振込)について

決済手数料

ユーザーがQRコードを読み取り金額を入力して支払う「ユーザースキャン方式」の場合、決済手数料は、2021年9月(予定)まで無料になります。

入金(振込)サイクル

決済の締め日

PayPayの決済締め日は、累計決済金額にかかわらず、基本的には月末が締日となります。

ただし月中で、累計決済金額が1万円以上となった場合、その時点で締めとなります。

入金タイミング

PayPayの入金タイミングですが、基本的に最短で翌々営業日が入金日となっています。

ただしジャパンネット銀行の場合は、翌日に入金となります。

入金(振込)手数料

PayPayの入金手数料は、ジャパンネット銀行の場合は永年無料です。

その他の金融機関の場合は、2020年6月30日まで無料となります。

2020年7月以降は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。

PayPay(ペイペイ)を導入する加盟店のメリット

PayPay(ペイペイ)の「ユーザースキャン方式」を導入するメリットをご案内します。

  1. 無料で使える
  2. Alipay、AlipayHK、Kakao Payも決済できる
  3. PayPay(ペイペイ)の強みを集客に

無料で使える

PayPayは初期費用、決済手数料、入金手数料が無料で利用できます。

通常、決済手数料がかかりますが、「ユーザースキャン方式」の決済の場合、2021年9月までは決済手数料が無料(0%)となります。

Alipay、AlipayHK、Kakao Payも決済できる

PayPay(ペイペイ)が使えるお店(加盟店)では、中国ECの最大手企業アリババが提供する「Alipay」、香港のAlipay Financial Services (HK) Limitedが提供する「AlipayHK」、および韓国のKakao Corp.が提供する「Kakao Pay」が、お店に設置されているQRコードでそのまま支払いをすることができます。

特に観光地でPayPayが使えるお店にとっては、インバウンド需要に対する販促効果は絶大です!

Alipay、AlipayHK、Kakao Pay

PayPay(ペイペイ)の強みを集客に

PayPay(ペイペイ)は今一番使われているQRコード決済アプリで登録ユーザー数は2,800万超を突破しました。

PayPayユーザーがアプリで「近くのお店」を検索すると、「PayPayが使えるお店」としてお店が表示されるので、PayPayユーザーにお店の存在を認知させることができます。

その利用シェアNo.1の決済アプリの強みを利用したて集客アップ効果が期待できます。

【PayPay】初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円のスマホ決済サービス!

PayPay(ペイペイ)を導入する加盟店のデメリット・注意点

PayPay(ペイペイ)を導入する際のデメリット・注意点をご案内します。

  1. ストアスキャン方式の場合、決済手数料は有料
  2. 決済手数料が無料なのは期間限定

ストアスキャン方式の場合、決済手数料は有料

ユーザーがバーコードをお店側に提示して、お店側がスキャナーでバーコードを読み取って決済する「ストアスキャン方式」の場合は、決済手数料(決済システム利用料)は有料となります。

また、バーコードを読み取るためのスマホやタブレット、またはスキャナー等が必要になります。

決済手数料が無料なのは期間限定

ユーザースキャン方式の決済手数料(決済システム利用料)が無料なのは2021年9月30日までです。

2021年10月以降の決済手数料がどのくらいになるのかは、今のところ公表されておりません。

PayPay(ペイペイ)利用開始までのながれ

PayPay(ペイペイ)は加盟店の申込みから1週間程度で利用できます!

申込み開始⇒メール受信⇒審査情報入力⇒審査⇒初期設定⇒ご利用スタート"
  • STEP 1
    申込み開始
    お申込みフォームに、メールアドレス、氏名、法人名または屋号名、連絡先電話番号を入力。
  • STEP 2
    メール受信
    入力したメールアドレスに、お申込みフォームのリンクが届く。
    メール内記載のリンクを開く。
  • STEP 3
    審査情報入力
    お申込みフォームに必要事項の入力と、審査に必要な書類をアップロードし申込む。
    申込みが完了後、メールが届くので確認する。
  • STEP 4
    審査
    申込み後、約2営業日で審査結果が登録メールアドレスに送信される。
  • STEP 5
    初期設定
    審査が完了すると、ゆうパケットでPayPayコードキットが届く。
    設定方法にしたがい初期設定を行う。
  • STEP 6
    ご利用スタート
    初期設定完了後、PayPayコードを店頭に設置して利用開始。

PayPay株式会社の企業情報

PayPayを提供するPayPay株式会社の企業情報です。

商号PayPay株式会社
英文名PayPay Corporation
本社〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
設立2018年6月15日
資本金230億円
株主ソフトバンクグループ株式会社
ソフトバンク株式会社
ヤフー株式会社

まとめ

以上「PayPay(ペイペイ)」導入のメリットや注意点、加盟店登録方法などについて解説しました。

直接現金のやり取りがない決済方式ですので新型コロナウィルス感染症対策としても安心な決済手段です。

また「PayPay(ペイペイ)」の登録ユーザー数は2,800万人を突破する利用シェアNo.1のQRコード決済サービスですので、お店の集客アップにつながります。

キャッシュレス決済を検討している方は、是非この機会に導入を検討してみてください。

\公式サイトはこちら/